フルフリペアゆず|商品詳細

ヒット商品
フルフリペアゆず
価格:  ¥1,550

対応しています

  • Visa / ビザカード
  • Master / マスターカード
  • Amex / アメリカンエキスプレス
  • Paypal / ペイパル
  • Paidy / ペイディー
  • 代金引換
  • Amazon Pay / アマゾンペイ

※Paidy: 後払いでコンビニ、銀行振込が利用可能です

【ネコポス対応商品】
敏感肌、乾燥肌向けの画期的なお肌の補修成分。3、4滴で効果を実感できます。ゆずセラミド配合でさらにしっとり、キメ肌!

販売元:株式会社フルフリ  製造元:(有)クリエイティブコスメラボ

保湿成分(容量:5ml 1回3,4滴使用で約30回分)

手作り化粧水一回の調合(30ml)につき3,4滴で効果を発揮するため、パッケージが親指サイズでちっちゃくても調合30回分はあります。使用期限3年

ご購入金額 8,000円以上で送料・手数料オマケ!
送料・配送について

 

敏感肌のバリア補修剤

 

敏感肌のバリア補修剤

 
季節の変わり目や体調により、肌が敏感になる方、乾燥する方にイチオシの成分。30mlの化粧水にたった3、4滴でOK!

フルフリペアは、敏感肌のバリアの弱っている所を探し出して、角質層に開いたすき間を埋めてお肌を守り、滑らかな肌に回復させる、というお肌の補修剤です。
アミノ酸を原料に、旭化成が開発した世界初のジェミニ型両親媒性物質、ぺリセアを主成分としています。
お肌のセラミドに似た効果をもつ、ゆずセラミドも配合♪

 

補修メカニズムのご説明 

 

<バリア機能と水分保持のメカニズム>


皮膚の断面図を使い、ぺリセア(フルフリペアの主成分)がいかに角質層のバリアを改善させ、乾燥肌、敏感肌を防ぐかのご説明です。

※拡大画像はこちら→ フルフリペアは界面活性剤

 


<荒れ肌改善のもよう> 


使用前、使用後のお肌を顕微鏡写真を使って比較。

※拡大画像はこちら→ フルフリペアは界面活性剤

 

<肌バリア改善の人体実験>


健康なお肌に強力な界面活性剤SDS(ドデシル硫酸ナトリウム)を塗って、わざと人工的な肌荒れを起こし、何日かかって肌バリアが回復するかをみました。肌の水分量を測って回復度合いをはかっています。

※拡大画像はこちら→ フルフリペアは界面活性剤   (データ提供:旭化成)

 

フルフリペアは界面活性剤の一種です

 

「界面活性剤」と聞いただけで、肌バリアを壊す、と恐れる方が多いのですが、その危険性は種類と濃度によります。

フルフリペアは、肌バリアを改善させる「両親媒性界面活性剤」というタイプのもの。
肌バリアは壊しません。むしろ、お肌を修復してくれるのです。

フルフリペアは界面活性剤の一種です

詳細は → 界面活性剤とは?

<使い方>

お手元の化粧水、30mlあたり3~4滴たらすだけ!
オイルと非常になじみが良いため、乾燥肌の方には 美肌オイル:3つのベリーとの併用がオススメ。また、敏感肌に優れた成分特性は、 韓流7種エキス と共通していますので、敏感肌の方はこちらも合わせ技でどうぞ。

さらに、ヒアルロン酸に似た吸湿、保湿性がありますので、角層に水分を補う保湿機能も大いに期待できます。角質の水分を蒸発させにくいバリア修復機能とあわせて、ダブルの保湿効果です。

<質 感>

質感はとろ~りとしており、 超しっとりヒアルロン酸 と一緒に使うと糸を引くほどとろとろになります。
ゆずエキスが入っていますが、ゆずの香りはほとんどせず、無香です。それは、香り成分は肌の刺激になりますので除去しているからです。ちょっとザンネンですがしかたないですね^^;

 

全成分表示

水、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセアの正式名)、BG、ゆずセラミド。

使用上のご注意

敏感肌、乾燥肌にいいことは分かっていましたが、商品化まで1年悩みました。
「肌バリアを改善させる界面活性剤」という画期的なコンセプトをご理解いただけるかが悩んだ理由です。
敏感肌のお客さまモニター、そして自ら敏感肌体質の店長自身がひと冬使用して効果を確認して販売を決意しました。

・ふるとかなり泡立ちます!見かけ上の問題ですが、苦手な方は避けてください。

・フルフリペアゆずの原液は低温下で凝固する場合もありますので、室温保管をおすすめします。万が一凝固してしまった場合でも室温に戻せば大丈夫。品質には問題ありません。

乾燥肌、敏感肌の改善の基本は、普段の生活改善。 化粧品はしょせん一時しのぎです。
フルフリペアゆずは肌バリアを改善させてくれる素晴らしい製品ですが、乾燥肌や敏感肌の原因を絶たないことには、根本的な解決にはなりません。頼りすぎに注意していただきたいところです。ずっとお使いいただいても良いのですが、できれば継続利用は1-2ヶ月ほどを目処にしていただけるとうれしいなと思います。